池袋本町プレーパーク(豊島子どもWAKUWAKUネットワーク)とは一切関係ありません

池袋本町プレーパークの度重なる不祥事による影響を受けているため、池袋本町プレーパークとの関係について明記しておきます。

上池袋さくらプレーパークは、池袋本町プレーパークに常勤プレーリーダーとして招かれるも、池袋本町プレーパーク(豊島子どもWAKUWAKUネットワーク)の実態を目の当たりにし辞退した地域住民が、元児童館館長・学生・社会人・主婦・おじいちゃんおばあちゃんたちと一緒に、上池袋さくら公園で地域の子どもたちと遊び始めたことに端を発するボランティア活動です。

豊島区・板橋区周辺の地域住民有志から成るボランティア団体プレーパークとしま(豊島区民社会福祉協議会会員)が運営しており、豊島子どもWAKUWAKUネットワークが運営する池袋本町プレーパークとは一切関係ありません。

豊島区立池袋第一小学校による「池袋本町プレーパークでいけないことをした人、今は優しくても突然暴力を振るうかもしれない」といった指導についても、後日豊島区教育委員会から謝罪があり、現在風評の払拭に向け協議しています。

政治や宗教とも無関係ですので、どうか安心して遊びにいらしてください。