世話人(随時募集中)

プレーパークでは「子どもの自由な遊び場を運営する地域住民有志」のことを「世話人」と呼んでいます。
詳しくはプレーパークの考え方(外部サイト)にある「プレーパークは地域住民の手で運営されています」の項をご覧ください。

「プレーパークとしま」は、元児童館館長・学生・社会人・主婦・おじいちゃんおばあちゃんたちが力を合わせて運営してはいるものの、まだ小さな団体であるがゆえ実現できることには限界があり、遊具の設置・火の使用等は自粛している状態です。
また、「防災かまどの使用」と「倉庫の使用」についてどのような手続きが必要か豊島区都市整備部公園緑地課に問い合わせたところ、「区の委託事業以外での使用は一切認めない」とのことでした。

公園緑地課との交渉・人材の育成・日本冒険遊び場づくり協会との連携・豊島区民社会福祉協議会を通じた広報活動・財源の確保・NPO法人の設立等、私たちにできる努力は惜しみません。

私たちと、豊島区に子どもの自由な遊び場をつくりませんか?

ミーティングは毎週金曜日に行っています、ご興味のある方はいつでもかまいませんのでぜひお声がけください。
世話人になることが難しい場合、区政へのご意見・ご要望(入力フォーム)から豊島区長宛てに、私たちの活動を応援する旨を伝えていただけるだけでも大きな力となります。